注文住宅の設計にかかる費用

設計料を工事費に含めて請求するメーカーも

注文住宅を建てる際、建て主の要望を聞いて間取や外観プランが提示されます。こうした設計について、ハウスメーカー、工務店、設計事務所のケースについて見ていきましょう。

ハウスメーカーは家族数や予算などにより細分化した規格プランを数多く用意し、その中から最適の住宅を選ぶ方法が用いられます。すでにベースとなる規格プランがあり、要望に応じて修正を加えていくため、設計料はかからないことが多いようです。設計料として請求はされませんが、実際は工事費などに含まれていると考えられます。

工務店は地域に密着した建築会社で、ハウスメーカーのような規格プランがない分、設計の自由度は高いといえます。設計料を請求するか否かは、工務店によって異なります。設計料を請求する工務店には、工事契約書の中で設計料を計上するところと、工事前に設計契約を結ぶところとがあります。設計料としては工事費の2~5%としている工務店が多いようです。

工事費の10~15%が求められる設計事務所

設計事務所はゼロから設計を行い、建築主の要望をできるだけ叶えようと創意工夫する、まさに設計のプロ集団です。工事は地元の工務店などが請け負うことになりますが、設計から引き渡しまでの全工程で責任を持って監理してくれます。設計は他の2者に比べて最も自由度が高く、建築主の理想の家を実現することができます。建築料としては戸建住宅で工事費の10~15%というのが相場です。

結局、注文住宅の建築費は建築会社によって異なるため、事前に聞いておくことをおススメします。建築主が難しい要望を出したり、変更を繰り返せば自ずと設計料は高くなります。住み心地を重視するのか、機能や利便性を重視するのかでも設計は大きく違ってきますので、要望はしっかりとまとめてから設計に取りかかってもらうようにしましょう。

一戸建ては、賃貸マンションやアパートとは異なり購入時に高額な費用が掛かりますが、資産価値が高く家族の年齢や人数、ライフスタイルに対応しやすいといった利点があります。