注文住宅と建売住宅の比較

施主の意向を汲んでいるか?

建売住宅と注文住宅の大きな違いとして、施主の意向を汲みこんだ家にできるかどうかというポイントがあります。建売住宅は、ホームメーカーの意向に沿って作られた家なので、施主の意向が含まれていません。一方、注文住宅の場合は、設計の段階から施主の意向を組み込むことができるため、施主が理想とする家を建てやすいというメリットがあります。建売住宅の場合は、ホームメーカーが作った家の中から、気に入った家を購入するスタイルになりますが、注文住宅の場合は、自分が建てたい家を一から作り上げるというスタイルになります。理想の家のイメージがはっきりしている人にとって、注文住宅は理想的なスタイルと言えるのではないでしょうか。

住みたいエリアに住めるか?

建売住宅は、家と土地がセットで売られているのに対して、注文住宅の場合は、家と土地がバラバラに売られているという違いがあります。そのため注文住宅の場合は、親から土地を引き継ぐなどして、すでに土地を用意している人が、家を建てるためだけに利用することもあります。建売住宅は家と土地がセット売りなので、住みたいエリアがある場合、そのエリアに建売住宅が売り出されていないと買うことができません。一方、注文住宅なら、住みたいエリアの空いた土地を購入し、その土地に合った家を建てることができます。実家の隣に家を建てたい人、どうしても住みたいエリアがある人にとって、注文住宅は理想的です。そのエリアに住むチャンスを大きく広げてくれるでしょう。

分譲住宅とは、分譲地に建てられる建物のことを言います。建売住宅とはすでに建てられて販売されているものです。違いは分譲地に建てられるかどうかです。