注文住宅とマンションの比較

庭や駐車スペースに違いがあります。

注文住宅とマンションとを比較したとき、両社の大きな違いとしてまず挙げられるのが、注文住宅の場合には比較的広い庭を持つことが出来るという点です。マンションの場合においても庭といったスペースはありますが、それほど大きなものではなく、多くの場合は共有スペースとなっています。その点、注文住宅の場合は土地面積にゆとりがありますので、自分だけの専用の庭スペースを設けることが出来ます。また駐車スペースについて注文住宅の場合には敷地内に設置可能なため、家のすぐ側に設けることが出来ますが、マンションの場合には地下や別棟の集合型の駐車スペースとなり、住居から少し歩く必要があると言うのも、大きな違いとして挙げることができます。

資産価値があり、騒音も気にしなくて良いです。

そして注文住宅とマンションの大きな違いとして挙げられるのが資産価値です。マンションの場合は、年数が経てばその資産価値は下落していきますが、注文住宅の場合は建物部分については資産価値は下落するものの、土地の部分は基本的には不変ですので、その分、資産価値を有することとなります。このため将来的に万が一、資金が必要となった場合、マンションに比べて注文住宅の方が物件を売却することでより多くの資金を入手することが出来ます。このほか、注文住宅の場合には隣家との一定の間隔があるため、騒音を気にする必要がないと言った違いもあります。マンションの場合は特に上階に住む人の騒音が気になるところですが、注文住宅ではそうした心配は無用と言えます。

マンションでは叶わない自由設計ができるのが新築一戸建ての注文住宅です。自分好みの間取りで素敵な住宅を実現しましょう。